小分けして売り買い

毎日厳しく過ごす崖っぷち > 暮らし > 小分けして売り買い

小分けして売り買い

2014年12月12日(金曜日) テーマ:暮らし

外為ビギナーが為替のポイントを理解するには第一に取引を重ねていく事が大切です。

 

とりわけ、事前にピンチを気付くようになるにはポカを重ねる事も経験のひとつ。

 

言うまでも無く、間違いをするといっても致命的な間違いをしてはいけない。

 

取り返しが付く負けを何度か経験することが結果として自身のレベルを上げてくれます。

 

この考えではまず最初は少額で投資してそれによって数度取り返しが付く間違いをすることが大切です。

 

例として、100万円しか投資する余裕が無い方がいきなり全てつぎ込んで取引すると損した時二度と立ち上がれなくなってしまう恐れがある。

 

それならば、資金の1割ずつ小分けして売り買いして、そこで買ったり負けたりを重ねた方が、マイナスを回避する手段なども覚えるはずです。

 

はじめに少ない額で売り買いする事の良い点は、先に言及したように、己の体験を増やし、マイナスを制御する手法を身につけることにあるがそれと一緒に、エントリーの回数を積み重ねる事で、偶然を減らす事ができるという良いところもあります。

 

仮に、1度だけのトレードで儲けられる確率が5割だとしよう。

 

この条件では、同じく5割の確率で損する危険性もあるということになる。

 

勝率5割ということは。

 

半々の割合で儲けられる事を表現しています。

 

ですが、全財産を投じて1回こっきりの仕掛けをするということは、明確な勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

 

そのままではたんにギャンブルと同じです。

 

すなわち、全ての投資資金を使って1回しかトレードしないと、それだけ損失が生じるリスクが高まってしまうのである。

 

それだけに、投資資金を1回にすべて投入するのではなく、何度かに分けて、投資機会を積み重ねる事がリスク分散となる。

 

ただ少しずつに分割しても、全ての注文で利益を出す必要はありません。

 

正確に言うと、全て勝つことは出来ないのが本当のところです。

 

売り買いで重要なのは、どれだけ稼ぐかです。

 

勝半5割でも仮に勝率5割以下でも利益を出す事は出来ます。

 

5割以上負けてもマイナスが少額ならば、わずかな勝ちのプラスでかなり稼げます。

 

そのために不可欠な事は、損失を少なく、利益を大きくを心がけることだ。

 

損失が出たら素早くロスカットして、勝った場面では可能な限り大きく利益を出す事がFX投資初めての方がFX取引で儲ける方法です。

 



関連記事

結婚式のお祝いにサプライズ

結婚式のお祝いにサプライズ

2014年12月27日(土曜日)

住宅ローン審査が通らない時の対処方法

住宅ローン審査が通らない時の対処方法

2014年12月23日(火曜日)

自分へのご褒美に脱毛エステ

自分へのご褒美に脱毛エステ

2014年12月19日(金曜日)

つけまつ毛は面倒なので

つけまつ毛は面倒なので

2014年12月17日(水曜日)

破産申告者であるゆえの不利益

破産申告者であるゆえの不利益

2014年12月16日(火曜日)